読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー女子が、二次元アイドルに恋してる

40+αの年月=オタク歴な会社員でママで妻でただのオタクです。二次元への愛を語ります(うたプリ多し)

【ネタばれ注意】うたプリマジレジェ12話:新曲どんとこい!!頂上決戦だ!!【いちおう感想】

うたプリ マジレジェ 感想など

ついにSSS(トリプルS)の決戦ライブまでやってきました。

私の記憶が確かなら、頂上決戦は先の選考会の「一か月後」だった気がしますが・・・その間にデュエットソング7枚出したの?

 

メチャクチャ忙しかったね!(主に春ちゃんが)

と思わずにはいられません。

 

私の記憶違いであれば、すみません。(アラフォーは耳も遠いのよ・・・と言い訳)

 

とにもかくもやってきました決戦ライブということで。

いつものようにネタバレ含みますので「やだ!間違ってこんなブログに辿りついちゃった!」という方は回れ右でお願いします。

ST☆RISHの皆さんでご来光を拝みます

f:id:princessmama:20161218233200p:plain

ここは日本のドコデスカー?

と問いたくなる。

音楽事務所の寮ってレベルじゃないんですが(城だし湖も森もある)、今に始まったことではないので華麗にスルーしましょう。

ここで立ち止まっていたらうたプリ見終わらないから!ホントに。

 

ちなみに、カルナイもHE★VENSの皆さんも同じく朝日を眺めているカットイン。

決戦ですね!!

 

見に行きたい!!このライブ!!(アラフォーでもペンライト振るよ!!

決戦ライブは「ナショナルアリーナ」です。

お客さんの入り方やら見ているとさ〇たまスーパーアリーナ・・・と疑ってしまいますが、ここは国民的アリーナってことで手を打ちましょう!!

 

f:id:princessmama:20161218233904p:plain

このカルナイのパネルください!!(切実)

 

いつ発売ですか?!ブ〇ッコリーさん!!(マジ買います)

 

嶺二ファンとしては買わずにはいられない魅力を秘めた一枚に仕上がっております・・・はぁはぁ。落ち着け

 

三枚並んでいると壮観で、ライブが新曲のはずでぬるぬる動いてくれるはずなので今回は期待が高まります。テレビの前でこんなにドキドキしたのは久しぶりか、初めてです(焦らされてここまできた~という感じw)。

 

 

f:id:princessmama:20161218234333p:plain

 

12話は、制作サイドも気合が入っていると思うのですが、嶺ちゃんがリーダー格で出番が多いのに、こういう残念な作画はやめてください(髪の毛どんだけ・・・:(;´・ω・))

 

ちょっと今回、初見でも気になった作画シーンが多かったので、少し指摘しておきます(記念にw)。

 

素人が制作に口を出しちゃダメという意見はあると思いますが、元業界の人間で、脚本も演出も作画も経験済みなので(どんだけー)ツッコんでもいいかな、と。

まぁ、私が現役時代に完璧な仕事をしたかと問われるとそれもまた視聴者の受け取り次第なので、つまり意見は自由でOKってことです!!(強引にまとめたぞ)

 

f:id:princessmama:20161218234923p:plain

椅子取りゲームは毎回指摘されますが、プライベートならともかく、控室で出演者の椅子が足りないっていうのはやっちゃいけないと思う(;´・ω・)

 

レン様、寂しい後ろ姿ですわ!!

翔ちゃんがコスチュームからして悪の幹部みたいです(どんな特撮)

うたプリのタイトルのように、ST☆RISHのコンセプトって「王子様」なんでしょうね・・・国籍不明の王子様というか悪の幹部というか

みんな、お似合いです(*´▽`*)

 

 

f:id:princessmama:20161218235116p:plain

 

出場者の紹介が始まるだけで、放電する会場。

どうやらカルナイから紹介されるのですが、「雷(稲妻)」がイメージらしく、会場中がスパーキングウウウウ!!です。

 

f:id:princessmama:20161218235236p:plain

 

勢いでライトも割れて、器物損壊の罪は誰が背負うのでしょう(謎)。

 

カルナイは雷かプラズマか、とにかく光とともに登場します。

次に紹介されたST☆RISHは、会場に虹の橋がかかるのですが、どうやって歩いてこれるの?!とツッコミどころ満載です(ステージに着いたら消えちゃうし)。

 

f:id:princessmama:20161218235438p:plain

七色の絨毯を華麗に歩く一十木音也さんの図。

 

そういえば軟禁中のHE★VENSは来れるのかい?

芸能活動をレイジング鳳に阻止されていたHE★VENSの皆さんはどうなるのでしょうか?

と思っていたら(前回までのおさらい)、レイジング鳳が「絶望は人を壊す」とか独り言漏らしています。

 

f:id:princessmama:20161218235825p:plain

 

あんた、自分の息子たちやアイドルを何だと思ってるの?!

息子を絶望の淵に落として楽しいのか?!

と、高血圧なおばさんが怒り出すと、司会まで「HE★VENSは辞退です・・・」と言い出しました。

 

f:id:princessmama:20161218235927p:plain

↑ ↑ ↑ 12話で一番台詞の多い人です。

 

レイジング鳳は、一番「絶望」を知っている人だと思います。

だって、シャイニング早乙女に負けたから。

シャイニーが出てきた時にライバル視したかはともかく、「勝ったぞ!偉業を成し遂げたぞ!」と思ったら負けてしまう・・・。

 

二位じゃダメなんです!ってことはみんなよく分かっている。

ただ、二位でも立派ということもみんな分かってる。

杉田さんレイジング鳳がどれだけ絶望したかは分からないけれど、HE★VENSがアイドル界のTOPになることで彼の心は復元するのだと思う。

 

自分が育てたアイドル(少なくともここまでは)=自分の偉業みたいな。

だから、レイジング鳳の手を離れ始めて焦ったんだと思います。

焦ったからって軟禁していいもんじゃないですがね!

勝負はあくまで自分が背負う!

他人にすり替えちゃだめだよね!

 

と。いうことで・・・話を戻して(*´▽`*)

 

カルナイもST☆RISHも「HE★VENSはきっとくる!」「待ちます!」という姿勢に。

お嬢様型もエンジェルたちも信じます。

 

レイジング鳳の陰謀なんかに負けないぞ!

もとい、HE★VENSは来る!!と信じます。

 

f:id:princessmama:20161219111031p:plain

援護射撃する蘭丸さん。

今回やっと気づいたのですが・・・色っぽいですねぇぇぇ

むき出しの素肌(露出度高めと気づくw)に・・・ニヤリ。

艶のあるキャラだったんんだぁぁ。と。

ホント、今さらですいません。

 

f:id:princessmama:20161219111230p:plain

こちらも援護射撃する・・・誰?!!

 

髪の色から察しろということでしょうが、音也ですか?右髪のパースおかしいし、表情が音也じゃない!!

というツッコミはさておき、「イイッ!!」というグリリバ嬉しい声が聞こえてきたので期待しましょう。

 

f:id:princessmama:20161219111359p:plain

せりあがるセットが大好きなHE★VENSの皆さんですが・・・

 

辞退していてこの用意周到さはないよね?!!ですな。

司会に対するドッキリイベントじゃないんでしょうかね。もはや。

 

f:id:princessmama:20161219111536p:plain

グリリバ瑛一の作画に気合が入っている一枚w

真の主役は遅れてくるもの・・・って、自分で言っちゃう瑛一が好きです。

 

お騒がせグループは、今回もお騒がせしつつ、間に合いました。

レイジング事務所の皆さんが前回「無能」と悪態をついてしまいましたが、ごめんなさい。

彼らがここに至るまで、社長に内緒で衣装は作る・車を出す・・・と奮闘してくれたそうです。

そこの作画があまりにもひどすぎて人の力って偉大だなと涙モノです。

 

さあ!役者は揃いました。

 

f:id:princessmama:20161219111846p:plain

お父さん(ネタバレ)たちも、見守ることにします。

社長室のセキュリティーまで外さなくていいんじゃない?というツッコミはさておき。シャイニーさんなら素手でロック破壊できるもんね!!(きっと)

 

ライブ!スタート!!(踊るよ!!

 

順番はどう決めたのか(楽屋でじゃんけんかな?)、

カルナイ⇒HE★VENS⇒ST☆RISHです。

うん、まぁ予想の範囲内デス。

 

でも、残りの尺で三曲行けるか?!という焦りもありつつ、嶺ちゃんの「Gods S.T.A.R.」(ごずったーと聞こえた)の掛け声で世界がカルナイに包まれます(言い過ぎではない)。

 

f:id:princessmama:20161219112617p:plain

大画面でカルナイ(描きおろしじゃぁぁぁ!)全員が映し出されるんですが、この蘭丸さんがセクシーダイナマイトでやられました(記念に貼る)。

しかも、めちゃアップテンポな曲です。

ノリノリ(死語)アラフォーの心臓はわしづかみにされました(言い過ぎではない)。

 

歩きます!(ステージを広くした効果は高いです)

踊ります!(やっとか!)

カメラワーク頑張ってます!(感動した!)

 

f:id:princessmama:20161219112921p:plain

一人ずつスポットライトが当たるんですが、他のメンバーへの演出がパ〇ュームっぽくて楽しかったです。

サイケデリック♪(ちょっと違うか?)

 

春ちゃんすごいよよ!あんたは本当にすごい子だだ!

と、作曲した春ちゃんへの賛美も自然と浮かんでしまう・・・

 

メチャクチャカッコイイカルナイ様様でした。

 

でね。

歌い終わってから春ちゃんが駆け寄ってくるんですが(春ちゃん的には「お疲れ様でした!」みたいな)、一人ずつからアプローチ。

ヾ(・ω・*)なでなで蘭丸。

ポンポン藍ちゃん。

そして・・・伯爵様はやってくれました!

 

f:id:princessmama:20161219113325p:plain

あごクイ!!

私にもしてほしい!!(落ち着け。

 

f:id:princessmama:20161219113418p:plain

しかし、無言カミュ様。

視線だけで乙女を殺せます!!(殺されかけた・・・

全員ここまで無言なんだけどね。でも、春ちゃんをすっごく信頼してるというか、「好き!」って気持ちと「ありがとう!」な気持ちが溢れています。

 

代表して嶺ちゃん(大人ですね)。

最後に春ちゃんの手を取って「ありがとう」です。

 

f:id:princessmama:20161219113644p:plain

両手ギュッ!!

そして、茶化さない真摯な眼差し。この瞳の時の嶺二は大人ですよ!!

 

f:id:princessmama:20161219113735p:plain

やや頬染め春ちゃん

嬉しいよね。自分の曲を素敵に歌ってもらえて。

 

乙女ゲ―の主人公としては、ヾ(・ω・*)なでなでポンポンあごクイ両手ぎゅ!されたら昇天してもいい気持ちよさです。

 

私のセロトニン(幸福物質)がダダ漏れを始めました。

カルナイのステージだけでしばらく生きていけるわ・・・。

眼福眼福(テレビの前で拝みました)。

 

落ち着いて、次。

 

HE★VENSの皆さんにも出会う(こちらは何となく会っちゃったという流れ?)春ちゃん

 

f:id:princessmama:20161219114114p:plain

あごクイ合戦ですか??!!

(してくれ!瑛一!!アラフォーは黙っていなさい

 

これで勝ったら、今度こそHE★VENSの作曲家として来い。と言います。

あ、そのネタ持ち越してたのね(2000%参照)。

きちんと春ちゃんへの執着見せるなんてさすがです、瑛一。

 

そしたら、春ちゃんもにこって微笑むんですよね!!

自己中(2000%参照)じゃない、成長した瑛一に心がほぐれたのかな?

瑛一の毒がやや抜けて(抜けなくても好きです)、穏やかになったなぁという印象のマジレジェですなぁ。

 

そしてね!!

7人HE★VENSの本領発揮のステージですよ!!

 

f:id:princessmama:20161219114549p:plain

踊る踊る!!

ちなみにセンター瑛二です。あれ?兄さんは?

 

 

f:id:princessmama:20161219114608p:plain

だから!!頑張ってるところでこういう手抜きしちゃダメ!!(誰だ

 

 

f:id:princessmama:20161219114722p:plain

「不滅のインフェルノ」。

青い炎がHE★VENSの象徴です。

メンバー全員魔導士にクラスチェンジしたようです。

 

f:id:princessmama:20161219114841p:plain

ポージング凝っていた!と思う。

あれ?センター瑛一に変わってますね。弟は?

 

竜も格闘技も出てきませんでしたが(2000%参照)、新生HE★VENSの本気を見た!って感じですね・・・カッコイイよ!!

7人揃ってカッコよかった!!

 

じゃあ、次は・・・あれ?

f:id:princessmama:20161219115119p:plain

「早く歌いたいよ!!」な一同。

 

スターリッシューファイッッ!!

 

で、れーじぇんすたーれーじぇんすたーってEDに行っちゃいました。

引っ張られた!!

EDで歌って踊らせる手もあったと思うけど(マジレボでカルナイがやった手法)、お預けされた~~(´;ω;`)ウッ…

 

次回、最終回でいいんですよね???

終わってくれますよね???

でも、うたプリワールドは続きますよね???

 

大好きとありがとう・ワクワクな気持ちを込めて、待っています。